鬼、FXへの復讐を誓う

FXでコテンパンにやられた鬼が、今度はFXをコテンパンにやっつける為に立ち上がりました!

【FXスワップ複利運用】2018年5月の成績発表【トルコリラ&南アフリカランド】

最新(2018年3月)口座状況は【こちら
億万長者になり損ねた話は【こちら

当ブログは1通貨から購入可能なSBIFXを利用した複利運用の結果のみを報告するブログです。

f:id:rarmu23:20180606062609j:plainこんにちは。鬼です。

すっかり月一の更新となってしまいましたが、5月のトルコリラ円は凄かったですね。

リーマンショックで味わった、あの果てしない絶望感をまたまた味わうところでしたよ。

月次チャートを改めて見てみると、3円分の暴落の様子が分かりますね。

どれだけの人々がロスカットを食らったのか、どれだけの人々があの絶望感を味わったのか、そしてどれだけの人々が相場を去っていったのか考えさせられる結果となってしまいましたね。

私はというと、取引開始当初に800%だった証拠金が400%台まで下がり、あと数円下がればロスカットという状況でしたが、なんとか踏みとどまることができました。

70万円の実弾を追加投入という裏技を用いてしまいましたが・・・

 

こうなったら、なりふり構ってられませんので、5月はトルコリラの追加購入額は0です。

自分で決めたルールを破ってしまい、ダメダメっぷりを発揮してしまいましたが、相場に残ることが最優先であり、この未曾有の大惨事を生き抜く事だけを考えた結果です。

このまま、ほったらかしにするつもりはないですが、200万円を超えた為替損益を抱えたままでトルコリラを追加で購入するのは何かが違う気がしています。

そんなこんなで、ルールの見直しを図っている状況なのです。

しかし、そんな状況でもスワップポイントだけは順調に積みあがっているので、本当に心の支えになっています。

 

さてさて、グダグダ言ってても仕方がないので、5月の成績を発表しましょうか。 

5月のトルコリラ円(TRY/JPY)、南アフリカランド円(ZAR/JPY)の為替チャートは上の図の通りトルコリラは超絶大暴落、南アフリカランドはほぼ横ばいという状況でしたね。

まったくもって気乗りしませんが、せっかくなのでご覧くださいませ(笑)

トルコリラ円×南アフリカランド円での複利積立運用

守っていませんが、複利積立運用の条件は以下のようにしております。

日々のスワップ金利で南アフリカランドを購入する為に、1通貨から購入可能なSBIFXトレードを利用しています。

f:id:rarmu23:20180606062627j:plain

証拠金はビビッて70万円投入したので370万円ですが、他は据え置きです。

スワップ複利運用成績

f:id:rarmu23:20180606062636j:plain

f:id:rarmu23:20180606062645j:plain

5月はトルコリラの購入はありません。0です(笑)。従って4月と変わらず35万通貨ピッタリなのです。

いよいよロスカットかと腹をくくる場面もありましたが、スワップポイントはきっちりと上がり続けてくれました。

月ベースで8~9万円程のスワップポイントを得られているのでまずまずといったところでしょうか。(年間だと100万円弱の大金ですよ。それ以上に為替損益で大赤字ですが。)

 

元本の370万円からは160万円程減っている状況ですが、私の中では証拠金の370万円はドブに捨てたもの(無いもの)として考えるようにしているので、スワップポイントが日々溜まっていくだけという感覚です。

従って、為替損益がどうなろうがロスカットに近づかない限りは、ほぼストレスフリーで見守っていられるのです。この点はかなりの利点だと思ってます。

正直いうと、1年前ではなく”今”参戦したかったと思う毎日を送っていますが、トルコの経済政策やら状況が好転することを祈って、元気に為替運用を続けていきたいと思います。