鬼、FXへの復讐を誓う

FXでコテンパンにやられた鬼が、今度はFXをコテンパンにやっつける為に立ち上がりました!

【FXスワップ複利運用】2018年4月の成績発表【トルコリラ&南アフリカランド】

最新(2018年3月)口座状況は【こちら
億万長者になり損ねた話は【こちら

当ブログは1通貨から購入可能なSBIFXを利用した複利運用の結果のみを報告するブログです。

f:id:rarmu23:20180502054630j:plain
こんにちは。鬼です。

いや~、新年度の忙しさを理由に1ヵ月まるまる更新をサボってしまいましたよ。

トルコリラの追加購入も・・・

まあ、仕事でやっているのではないので、今後もゆるく続けていきたいと思います。

 

2017年6月23日から開始したトルコリラ&南アフリカランドでのFX複利運用取引ですが、なんとか無事?に2018年5月現在も取引を実施できています。

開始した当初は、机上の空論になってしまうのではないか、あっと言う間にロスカットされてしまうのではないかという不安も多少はありました。

そんな不安を常に持ちつつも、今日まで取引を継続できたことは素直に嬉しく思います。

この約9ヵ月の間にもトルコリラ円、南アフリカランド円は乱高下を繰り返し、トルコリラ円に至っては綺麗に右肩下がりを継続するという結果になってしまいました。

もちろん、含み損は雪だるま式に増えております。

しかし、かすかな希望であるスワップポイントも順調に成長しておりますので、下落のスピードに負けてロスカットになるか、含み損をカバーする救世主となるかを観察したいと思います。

 

さて、4月末までの成績を発表します。

表にしてみると視覚的に分かりやすいということ、1ヶ月の区切りということで勝手に発表していきたいと思います。

 

4月のトルコリラ円(TRY/JPY)、南アフリカランド円(ZAR/JPY)の為替チャートは上の図の通りトルコリラは上下動はあったものの横ばい、南アフリカランドは右肩下がりという状況でしたね。

結果もかなり良くない感じになってしまいましたが、せっかくなのでご覧くださいませ(笑)

トルコリラ円×南アフリカランド円での複利積立運用

複利積立運用の条件は以下のようにしております

日々のスワップ金利で南アフリカランドを購入する為に、1通貨から購入可能なSBIFXトレードを利用しています。

f:id:rarmu23:20180502054739j:plain

証拠金は先月と変わらず300万円ですが、コツコツとトルコリラを追加購入してみました。

スワップ複利運用成績

f:id:rarmu23:20180502060215j:plain

f:id:rarmu23:20180502054803j:plain

4月はトルコリラのみを月末にちょっとだけ追加購入して、35万通貨ピッタリにしてみました。

4月はロスカットがチラつく場面もあり、かつ忙しかったということでルール通りにトルコリラを追加購入できませんでした。しかし、スワップポイントはきっちりと上がり続けてくれました。

月ベースで8~9万円程のスワップポイントを得られているのでまずまずといったところでしょうか。(年間だと100万円弱の大金ですよ)

 

元本の300万円からは75万円程減っている状況ですが、私の中では証拠金の300万円はドブに捨てたもの(無いもの)として考えるようにしているので、スワップポイントが日々溜まっていくだけという感覚です。

従って、為替損益がどうなろうがロスカットに近づかない限りは、ほぼストレスフリーで見守っていられるのです。この点はかなりの利点だと思ってます。

 正直いうと最近なんだかやる気がでないのですが、なんとか持ち直して元気に為替運用を続けていきたいを思います。